PDA

View Full Version : PDI CE 4.4にてcarteの設定について



sirokum
10-25-2013, 06:31 AM
はじめまして。
pentaho DI CE 4.4でリモート実行を行いたいと思い、carteの設定を試しているのですが、いまいちうまくいきません。
Server Ubuntu12.04
でSpoonを用いたGUIでのデータ変換実行(DatabaseRepository)はうまくいくのですが、
クライアントWindows XPのPDI Spoonからスレーブサーバとして指定してデータ変換を実行しようとしても
Repositoryが見つからないようなメッセージでリモートジョブを実行できません。
なかなか難しいですね。。。

michii
10-25-2013, 01:42 PM
sirokumさん
こんにちは。

恐らくですが、スレーブサーバ側にRepository設定(repositories.xml)が無いことが原因かと思います。
Spoon上からスレーブサーバ側に処理を投げるわけですが、その際にスレーブサーバがRepositoryへ接続を行いETLの定義を取得する流れになっていたかと記憶していますので、スレーブ側にもRepository設定ファイルを置いておく必要があります。
repositories.xmlはデフォルトでは、ユーザディレクトリ/.kettle/配下にありますので、クライアントの設定ファイルをスレーブサーバ側へコピーし、環境に合わせ適宜内容を変更すれば動作するのではないかと思います。

一度ご確認いただければと思います。
--
Michi

sirokum
10-30-2013, 10:57 PM
michii様
早々に返信頂いていたのに、返答が遅くなり申し訳ありませんでした。
結果として接続できるようになりました。
repositories.xmlは設置したつもりだったのですが、
repositoryのIDが違っていたためrepositoryに接続できずエラーとなっていました。
ログイン時のrepository設定画面でIDを変更し、サーバー側とクライアント側で同じIDで接続するようにしたところ
問題なく接続できるようになりました。
ありがとうございました。

PentahoはETLだけとっても、企業内業務向けのソフトとして十分適用可能でとても助かりますね。

michii
11-01-2013, 02:19 AM
sirokumさん
返信ありがとうございます。

> ログイン時のrepository設定画面でIDを変更し、サーバー側とクライアント側で同じIDで接続するようにしたところ
> 問題なく接続できるようになりました。
なるほど。情報共有ありがとうございます。
解決したようで良かったです。

PDIにおいては、マイグレーションや日々のバッチ処理とか、それ以外でもだいたいのことは処理可能なので、活用範囲は個人的にとても広いと思っています。

--
Michi